ビギナーズ・ネットって?

ビギナーズ・ネットは司法修習生に対する給費制の復活を求める大学生、ロースクール生・修了生、司法修習生、若手法律家のネットワークです。

 

現在、司法修習生の過半数がロースクール時代からの借金を抱えており、その平均額は約350万円にも上ります。さらに、貸与制で約300万円の借金が上乗せされることとなり、法律家になる前に莫大な借金を背負わなければなりません。これでは安心して法律家を目指せません。経済的事情から法律家になる夢を諦めた友人の姿も見てきました。私たちは、法曹志願者が激減してしまった原因の一つには、このような経済的負担の重さがあると考えています。

 

そもそも、社会のインフラである司法権を担う人材を育てることは、国の責任ではないのでしょうか。

年間フルタイムの修習を義務付け、兼業やアルバイト等を禁止しておきながら、何の生活保障もしないというのはおかしな話です。

 

私たちは、司法修習生の給費制を復活させる、その1点で手を結び、国会議員、マスコミ、市民に訴えかけ、法改正を実現させるために活動しています。

 

会員は全国に2500名以上!

 

 2010年6月に約60名で発足したビギナーズ・ネットも、現在では会員が2500名を超えました。大学生や法科大学院生、若手の弁護士などが一緒になって楽しく活動しています。

 数が多ければ多いほど、給費制の復活に向けてのアピールになります。​

たくさんの方々が応援してくれています。

 

 給費制の復活に向けて、日本弁護士連合会、司法修習生に対する給与の支給継続を求める市民連絡会と協力して活動しています。

 給費制の存続を求める署名を集めた際には、67万筆以上が集まりました。

 多くの方が法律家を目指す若者を応援してくれています。

会費はかかりません。

 

 入会金、会費などは一切かかりません。

 ビギナーズ・ネットの活動は応援してくれる先輩弁護士や市民の方々のカンパで支えられています。

 全国各地で開催される集会へ参加される場合は、交通費の補助もあります。